遺言について

ACCESS MAP

橋本行政書士事務所

〒510-0086
三重県四日市市諏訪栄町22番37号
吉田ビル403
・近鉄四日市駅北口より徒歩5分
・諏訪神社東鳥居北隣
TEL:059-355-1981
FAX:059-355-1982
オフィシャルサイト
http://www.d1.dion.ne.jp/~h_toshio/

遺言について

被相続人の意思を明確に伝えるために「遺言」を残すことはとても重要です。
相続人の間には長年の同居生活や親族関係の中で蓄積したさまざまな感情があることでしょう。

要であった被相続人が亡くなったのをきっかけに「相続人同士が犬猿状態になる」ということは少なくありません。
遺言を残すことは、将来の「相続」を相続争いとしないために、残された家族に対する思いやりとして、大切なことだと思います。

遺言の方式

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、遺言者の自筆によって作成し、作成した遺言書は自らが保管する遺言です。
公正証書遺言や秘密証書遺言のように、公証人や第三者(証人)の関与が無く、手軽に作成できる遺言ですが、全文自筆であること、日付を入れる こと、署名・押印することなどの方式があり、それを満たさないと遺言自体が無効となりますので注意が必要です。 また、裁判所での検認手続きが必要となります。

公正証書遺言

公正証書遺言は、遺言の作成自体に公証人及び2人以上の証人の立会いが必要となる遺言です。作成のためには一定の手間と費用がかかりますが、法律の専門家である公証人が関与しているため証明力が高く、方式不備などで遺言が無効になることを防ぐことができます。また、公証役場が保管してくれるため紛失・盗難・偽造の心配も要りません。さらに、自筆証書遺言のように裁判所での検認手続きは不要なので、死亡後の手続きが簡略となります。
当事務所では、この公正証書遺言をおすすめします。

秘密証書遺言

秘密証書遺言は、代筆でもワープロでも作成が可能な遺言で(自書の署名は必要)、作成後に封をしてしまい、それを公証人へ持参し、証人立会いの下、封書した遺言書に署名捺印をします。

遺言書作成・手続き代行

法的な効力がある「公正証書遺言」の作成をおすすめします。

遺言書の作成が必要とされる方

相続する人が1人もおられない方

お子様がおられないご夫婦

子供のお嫁さんにも財産を分けたい方

お子さんに障害がある方

ご長男に全て相続させたい方

先妻さんとの間にお子様がおられる方

個人事業や農業をされてる方

兄弟仲があまり芳しくない方

財産が沢山ある方

内縁の妻がいらっしゃる方

分けると価値が低下する不動産などお持ちの方

無用なトラブルを防ぐためにも、ぜひ遺言書を作成しましょう!

当事務所の遺言書作成支援業務の内容

***1人で悩まず、遺言の専門家「橋本行政書士事務所」にご相談ください***

法的にも「きちんとした」「相続争いを防ぐ」ご安心いただける遺言書を作成します。
効果的で適切な「遺言書」にお仕上げ致します。
お客様が気づけない問題点を見つけ、解決まで導きます。
必要書類の収集、役所との打合せなど、皆様にお手間をおかけしないよう全てを代行致します。

当事務所では、じっくりとお話しを伺い、親身に対応させて頂きます。
遺言・相続・円満相続の専門家として、最後まで皆様をサポート致します!

まずはお問い合わせ下さい。
***TEL:059-355-1981***
メールはこちらから

エンディングノート

エンディングノートとは…

「エンディングノート」とは、自分の終末期や死後に家族にこうしてほしいという希望や、生い立ち、配偶者や子への思いなど伝えておきたいことを記しておくノートのことです。

エンディングノートは、あなたから家族・友人への最期の「ラブレター」であると同時に、あなたの「自分史」でもあります。
ノートを書くことで、今までの人生を見つめ直し、これからの目標や人生の終末に向かって準備すべきことは何かなどが見えてくると思います。

また、残された家族・友人にとってあなたからのメッセージは心の支えとなるでしょう。
エンディングノートには決まった形式はありませんので、まずは書きやすいページから、書きたいだけ、自由に書きましょう。

内容について

書店などでも販売されておりますが、大体以下の内容で共通しています。

1.自分の経歴と人生の思い(自分史) 
2.終末期医療についての希望、告知の可否、治療法
3.尊厳死や臓器提供についての希望、献体意思の有無 
4.臨終に立ち会ってほしい人、もしもの時に連絡してほしい人
5.通夜・葬儀に呼んでほしい人、訃報を知らせてほしい人 
6.葬儀の規模・方法についての希望 
7.葬儀費用の希望
8.埋葬法(お墓)についての希望 
9.遺言書の有無と保管場所について
10.形見分け品についての希望
11.遺影用写真
12.その他

作成方法

ノートに筆記具(万年筆など)で書いてもよいですが、パソコンのできる方は、まずはパソコンで下書きを作成し、徐々に書き上げていってもよいでしょう。
最初はあまり力まずに、自分史や日記などを書くつもりでスタートするのがよいと思います。
当事務所では、エンディングノートの作成サポートも行っています。
***詳しくはこちらからもご覧いただけます。